レズビアンやゲイだと気付いたのはいつ?きっかけは?

Sponsored Link

 

今回はLGBTでない人もLGBTの人も気になる

「気付いたきっかけ」です。

 

LGBTの人たちがゲイやレズビアンだと気付いたきっかけは?

気になりますよね。

LGBTの人たちは一体どのように自分の性的指向に気付いたのか。

きっかけのパターンをまとめてみました。

 

 

きっかけのパターン1:成人してから

早い方では子供の頃から

もしかしたら同性に興味があるのかもしれないと気付きますが、

成人した後に気付く方もいます

 

Aさんは22歳で同性の人と付き合うまで、自分がレズビアンだとは思っていませんでした。

小学生の頃は友達の胸などを触ってドキドキしたそうですが、

それが彼女の性的指向と気付いたのは大学の時。

 

いろいろネットで調べて、腑に落ちたそうです。

 

 

きっかけのパターン2:親友をとられて

同性の親友に彼氏や彼女ができて、自分がレズビアンやゲイだと気付く方もいるようです。

 

それまでは「大切な親友」

だから好き、と思っていたけれど

 

段々「独り占めしたい」

「抱きしめたい」と思うようになって、気付くようです。

 

 

きっかけのパターン3:異性と付き合って

Sponsored Link

 

彼氏または彼女ができ異性と付き合っていくうちに違和感を感じる方もいるようです。

あまりドキドキしなかったり、ときめかなかったり、

「何か違う」と違和感を感じます

 

そんな時に同性の友人にドキッとしたり、安心感を感じたり

ずっと一緒にいたいと思い

自分の気持ちに気付くようです。

 

 

きっかけのパターン4:なぜか視線が同性に

気付くと視線が同性に向いていて

よく考えるとそれは同性に興味があったからなんだと

腑に落ちる方もいるようです。

 

例えばアダルト向けの雑誌や動画を見る時に同性に注目してしまう

異性の体を見て気持ち悪いとさえ思った。

 

移動教室などの入浴の際に同性の友達の裸をチェックしてしまう。

 

水泳の授業の時は同性のクラスメイトや先生をチェックしてしまう。

 

最初はそんなに意識していなかったのに、気付くと見ていることが多くなり確信するようです。

 

 

まとめ

日本にいると子供の頃から

恋愛対象は異性」という考えが蔓延していて、

それに当てはまらない人たちは悩み苦しみます。

 

成長するにつれ自分の性や性的指向について

段々分かってきますが、常に変化し続けます。

 

いろいろな経験をして、みなさん自分の性や性的指向に気付くようです。

 

 

「なんだか自分の性がよく分からない・・・」

そんなあなたは一人ではありません!

 

みんな悩んでいるのです。

そう悩むことは異常ではありません。

 

 

この記事を気に入っていた方にクリックしていただけたら、嬉しいです!
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ
にほんブログ村

 

みなさんはどう思われますか?
どんな意見でもいいので良かったらコメントをお願いします。

自分のきっかけはこうだった!など教えて頂けたら嬉しいです。

 

性別なんて関係ない。
人を愛するって素晴らしい!

Sponsored Link

Related Post


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバック URL

https://colorfullife01.com/realization-140/trackback

PAGE TOP
error: Content is protected !!