LGBTには寛容だけど警官の対応は日本よりやばいカナダの現状

 

Sponsored Link

 

今回はカナダで実際に私が経験した事件についてのお話しです。

命の危険はなかったけれど、怖かったし精神的にショックでした。

 

 

 

カナダで実際に起きた事件とは?

私はもう何年もカナダに住んでいますが、幸運なことに自分が危険な
事件や事故に巻き込まれたことはありません。

 

でも最近巻き込まれた!

 

車上荒らしにあったのです。

 

車内に何もないのにっ!!

何もないのに窓をがしゃーんと壊されました。

 

 

カナダの犯罪率は?

車上荒らしなんてどこの国でもありますが

カナダに実際住んでみて率直な感想は

「なんか日本より多い」
「知り合いの中に被害者は結構いる」

こんな感じでした。

 

大体カナダの犯罪件数は日本より多いし、安全とはいえ日本よりは危険です。

でも実際はどうなのでしょう?

 

 

外務省の調べによると、カナダの犯罪件数は日本の約5倍です。

5倍!多い!!

どう思いますか?

 

カナダの方が人口が少ないですが、犯罪件数は多いのです。
そんな中今まで被害者として巻き込まれませんでしたが
遂にやられちまった。そんな感じです。

 

車上荒らしにあった日
今思うと、なんだか嫌な予感がしていたのかもしれません。
シックスセンスのような?

 

その日はなぜか車上荒らしについて話しをしていました。

そして数時間後に自分の車をみたら
がっしゃーんと窓が飛び散っていて

「嘘でしょ・・・・・なんじゃこりゃ。」
と呆然としてしまいました。

「なんだ、これ。ドラマかよ!」とも思いました。

 

でもやっぱり女の子なので?怒りよりも恐怖をまず感じました。
「恐ろしい!」

 

 

カナダの警察の対応は?

Sponsored Link

 

日本で車上荒らしの被害に合ったことがある方は分かると思いますが、まずは警察に電話すると警官が飛んできてくれますよね?

 

カナダで警察に電話してもすぐに警官が飛んできません。
というか、来てもくれなかった。

 

まず電話しても緊急でない電話番号に回されます。
そして回されたあと、機械がごちゃごちゃ喋っていきなり切られた1回目。

 

怒りを抑えつつ、2回目の挑戦ですが、また機械のごちゃごちゃ対応。
呼び出し音が鳴って「やっと繋がった!」
そう思ったらなぜか留守番電話に。

 

「貴様らやる気あるのかーー!!!」
心の中で叫びました。

 

イライラしつつ、一回電話を切って深呼吸。

 

そして再度かけてまた同じようにたらい回しにされ最後は留守番電話。

「これはもうメッセージを残すしかない」そう覚悟し

「車上荒らしの被害にあったから、至急電話下さい」
と丁寧にメッセージを残しました。

 

しかしなかなか折り返しの電話がこない・・・・・
警官が来ないと、片付けるにも片付けられない・・・・・

 

仕方がないので、「道で警官つかえてやる!
そう意気込んで近くの警察署(日本でいう交番)のような場所に急行。

 

そしたら16時に閉まってて誰もいない!!
仕事しろーー!!(怒)

 

怒っていたら、近くに警察車両を発見。

 

「おまわりさん、車上荒らしされたので来て下さい。すぐそこなんで。」

 

とても困った顔をしてイケメン警官にそう伝えると
「あー・・・ごめんよ、自分は行けないんだけど・・・
この番号には電話した?」

 

行けないって何よ!?あんた警官でしょ?!と怒りつつ、

「その番号電話したけど、誰も出ないよ。
でもまたかけてみるよ。仕方ない。けっ(心の中で)」

 

そう捨て台詞を吐いて、警官をゲットできずに帰宅しようと
思っていた時にちょうど留守電のメッセージを残した番号からの留守電が。

まさかの留守電返し。

 

どうにかかけ直して、状況を説明。

やっと警察の人と電話が繋がったのです。

 

が!

 

 

警官が来ない理由がひどい

ただちに警官に来てもらって現場や証拠の検証もしてもらう気満々で説明していたのに、すぐに電話を切ろうとする警察のねえさん。
「ちょっと!警官に来てほしいだけど、来てくれますよね?」

 

ちょっと強引に聞いた私に返ってきた言葉は・・・・・
「今回の車上荒らしに関しては、警官は送りません。」

ぬわにーーー!!!!!(怒怒怒)

 

「でも証拠のドライバーがあるし、指紋ついてるよ。検証してよ。」
そうかみつく私に相手は
「そんなドライバー誰のか分からないし、いろんな指紋ついてるかもしれないし、調べないよ。建物にカメラもないし、犯人を捕まえるためには何もしないよ。」

 

そう丁寧に言うねえさんの言葉は私にこのように伝わりました。
「面倒だからやらねーよ。車上荒らしなんて毎日あるし。
あんたのとこだけ行けるか!」

 

その瞬間、怒りと絶望が押し寄せてきて
「あーじゃ、いいっす。」と電話と切りました。

 

物がとられたわけではないし、怪我をしたわけでもない。
殺されそうになったわけでもない。
だから来ないの?

 

もともと警察は好きではないけれど、ますます幻滅して
悲しい気分になった事件でした。

 

 

まとめ

カナダの警官は怠けてる?いつ仕事しているの?
そんなことをとことん追求したくなってしまう今回の事件。

警察というよりも、そういうルールを作った州(日本で言うと都道府県)に問題があるのだと思います。
なので警察と州に対して怒りの手記を送りたいと思います。

 

ちなみに交通事故も多いです。

なぜか赤信号なのに走行している車もいて、今日もぶつかりそうになりました。

だよ!止まれだよ!!

 

奇想天外な事件が起こりますが、変な事件に巻き込まれたり事故に遭わないように気をつけます。

 

 

 

 

この記事を気に入ってくれた方にクリックしていただけたら嬉しいです!
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ
にほんブログ村

 

 

みなさんはどう思われますか?
どんな意見でもいいので良かったらコメントをお願いします。

性別なんて関係ない。
人を愛するって素晴らしい!

Sponsored Link

Related Post


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバック URL

https://colorfullife01.com/crime-450/trackback

PAGE TOP
error: Content is protected !!